新規投稿記事管理

カテゴリ

新着情報
ねこひと会とは
メンバー紹介
猫との共生
ねこひと会の過去の活動
活動・収支報告
被災動物への取り組み
捜索中の猫
東日本大震災被災猫
被災猫の一時預かり募集中
里親募集
譲渡済みの猫
里親会・譲渡会情報
ご協力のお願い
支援物資のお願い
ご寄付のお願い
丸投げ依頼には対応しません
プライバシーポリシー
免責事項
FAQ:よくある質問
お問い合わせ

検索

ねこひと会の過去の活動

2007年12月ねこひと会発足以前のメンバーの活動と、発足以降の活動の一部をご紹介いたします。ねこひと会では、これらの大規模なレスキューと並行して、メンバー各自が日々里親探し・TNR活動・飼育相談・啓蒙活動などを行っています。今後ともご支援・ご協力のほど、なにとぞよろしくおねがいいたします。


東日本大震災と福島第一原発事故でのレスキュー活動(2011年3月)

e0316841_1562158.jpg
2011年3月11日に発生した東日本大震災と福島第一原発事故を受けて、ねこひと会では、他団体と連携のもと、福島県の警戒区域内に取り残された猫たちのレスキューに加わりました。震災後からこれまでに約250頭の猫を受け入れ、負傷猫の治療・不妊手術・飼い主探し・里親探しを行なっています。被災動物への取り組み ▷取材を受けました



多頭崩壊の子猫レスキュー(2011年)

e0316841_13244338.jpg
都内某団地の一室で、50匹まで増えた多頭崩壊。知り合いのボラさんからのヘルプ要請を受け、20匹の子猫の里親探しを行いました。成猫の不妊手術はヘルプ要請したボランティアがすべて行いました。対応メンバー:ゆきももこ (個人ボランティア多数協力)
多頭崩壊現場の写真が届きました ▷多頭崩壊の子猫 ▷2011多頭崩壊子猫




多頭崩壊寸前・自家繁殖子猫達の不妊手術・治療・里親探し(2010年12月)

e0316841_22402369.jpg
「知り合いの女性がワンルームで不妊手術しないで猫を飼っていたら増えちゃって…」という相談から始まった里親探し。ねこひと会のポスターを見て連絡して来られた相談者の依頼で、メンバーが該当の部屋を訪問し、爆発的に増えつつあった猫達への不妊手術・病気治療・飼いきれない子猫の里親探し・飼い主への飼育指導などを行いました。
対応メンバー:ゆきももこ ▷2010.自家繁殖子猫達



多頭飼育崩壊・32頭車上生活猫レスキューとその後(2010年7月)

e0316841_22162729.jpg
2008年に、近親交配で32頭まで猫を増やした飼い主が、住んでいた家を追われ、車に猫を30匹押し込んで路上生活しているという事件が起こりました。当時は、個人ボランティアが住居や仕事の世話まで関わることで、一旦は収束したかに見えましたが、その後の飼い主は仕事も続かず家賃も滞納し、2010年には前回と同じように立ち退きを言い渡されました。ねこひと会では、飼い主の元に残されていた猫17頭のレスキューを行ないました。
対応メンバー:マリア・tana・ゆきももこ (個人ボランティアと協力)
多頭飼育崩壊・32頭車上生活猫レスキュー:その後(旧サイト) ▷車上猫その後SOS




多頭飼い崩壊・遺棄事件でのレスキュー(2009年5月)


e0316841_18275247.jpgマンションの一室で、無計画な繁殖から猫を50匹に増やしてしまった飼い主に、自称猫ボランティアを名乗る人物が「猫の楽園に放してきてあげる」ともちかけ、何キロも離れた海沿いの公園に未手術の猫19匹を遺棄しました。遺棄された猫のうち14匹は保護できましたが、5匹はそのまま行方不明、7匹のメスが遺棄現場で妊娠、保護できた猫も現場に蔓延していた白血病に感染という悲惨な状況に陥りました。ねこひと会では16匹の成猫と、繁殖させられた子猫6匹を保護し、全ての猫に里親が見つかりました。 対応メンバー:ゆきももこ・tana
2009.多頭崩壊・遺棄
2009年05月多頭飼い崩壊レスキュー(旧サイト)




目白猫連続虐殺事件裁判に嘆願書を提出(2008年1月)

2007年10月、自宅のベランダに入ってきた子猫を浴室で虐殺したとして、一人の男が動物愛護法違反容疑で逮捕されました。同容疑者の自宅周囲では、2007年2月ごろから不審な猫の死骸が相次いで見つかっており、護摩ちゃんという飼い猫もその犠牲になりました。ねこひと会では他団体と連携し、厳正かつ適正な判決を求める嘆願書を制作。全国から総計6630名分のご署名が集まりました。判決は、嘆願書での祈願が司直の沙汰に充分に反映されたとは言えないものでしたが、今回の事件を通して、これからも色々な方面にできる限りのアプローチをしていきたいと思っております。社団法人SORAと協力)

e0316841_1812423.jpg護摩ちゃんの祈り 嘆願
嘆願書総数と提出概要
嘆願書提出詳細
裁判傍聴
判決傍聴
裁判を振り返って -疑問点と感想-
護摩ちゃんの祈り




台風9号で被害を受けた多摩川の川原猫への支援(2007年9月)

e0316841_193186.jpg
多摩川沿いにはもともと捨てられて繁殖した猫達が多く、それらの猫を見かねて世話をしているホームレスとボランティアが、協力してTNRなどを行っていましたが、平成19年に首都圏を直撃した台風第9号で、辺り一帯が壊滅的な被害を受け、沢山の猫が増水した川に流されました。ねこひと会では他ボランティアや団体と連携し、生きて戻った猫の保護・治療・TNR・フードや物資の配布などの支援を行いました。
対応メンバー:マリア (個人ボランティアと協力)
多摩川の猫たち(mixi) ▷多摩川活動報告と収支報告(mixi)




上野毛〜等々力の大規模TNR(2008年6月)

e0316841_15492412.jpg
上野毛~等々力で「痩せこけて悲惨な子がたくさんいるから何とかして欲しい」という相談から始まった大規模なTNR。ねこひと会は、相談者の実質的サポートとして、79匹の猫をTNR、31匹を保護、保護猫30匹に里親様が決定いたしました。地元住民の無関心もあり、相談者や現場のボランティアは結果的に約80万円の出費を負担する事態となりましたが、たくさんの温かいご声援とご支援に勇気づけられました。
対応メンバー:マリア・ゆきももこ (AWA・個人ボランティアと協力)
上野毛の猫達 ▷上野毛~等々力TNR




千葉のホームレスに飼育されていた動物たちのレスキュー(2005年7月)

e0316841_15544142.jpg
千葉県某所の高架下のフェンス内で、ホームレスに繋がれて半ば放置されていた計19頭の動物が多数のボランティアの協力で保護されました。現場では既に亡くなっていた動物も多く、保護できた動物もそのほとんどがひどい健康状態でしたが、皆様からのカンパのご協力で治療を受けさせる事ができ、保護した19頭全てに里親さんを見つけることができました。ねこひと会では、初期のレスキューと里親探し、終盤のホームレスの生活のフォローに携わりました。  対応メンバー:tana・ゆきももこ
ホームレスに飼育されていた動物たち@千葉

e0316841_16231551.jpg





2013.04.14-yo

[PR]
by nekohitokai | 2013-03-21 21:44 | ねこひと会の過去の活動
トップページへ戻る | Copyright © NEKOHITOKAI All Rights Reserved.

最新の記事

ニュース & トピックス
at 2014-12-31 23:59
ねこひと会とは
at 2014-12-31 23:58
メンバー紹介
at 2014-12-31 23:57
猫との共生
at 2014-12-31 23:56
活動報告
at 2014-12-31 23:54













その他のジャンル