新規投稿記事管理

カテゴリ

新着情報
ねこひと会とは
メンバー紹介
猫との共生
ねこひと会の過去の活動
活動・収支報告
被災動物への取り組み
捜索中の猫
東日本大震災被災猫
被災猫の一時預かり募集中
里親募集
譲渡済みの猫
里親会・譲渡会情報
ご協力のお願い
支援物資のお願い
ご寄付のお願い
丸投げ依頼には対応しません
プライバシーポリシー
免責事項
FAQ:よくある質問
お問い合わせ

検索

カテゴリ:猫との共生( 4 )

昨今のペットブームもあり、犬や猫を家族としてかわいがる人は多いですが
一方で、行政により殺処分される犬猫は年間20万匹余りに及んでいます。
特に、避妊や去勢をしない猫の過剰な繁殖で、猫の処分数は約15万匹にも上ります。
猫は野生動物ではありません。各地で迷惑がられている野良猫も
もとはと言えば、人間の勝手な都合や無責任な飼育から生み出された存在であり
こうした現状を変え、彼らの為に何が出来るか考え、行動していく必要があります。
猫と人が幸せに暮らすために、いろんなことを一緒に考えましょう。

殺処分数を減らすためには不妊手術の徹底が一番大事
本当は強烈な画像を見ないでも考えて欲しいんです



地域猫活動(TNR)とは


1. 野良猫によるトラブルを地域の問題としてとらえ、地域の住民で話し合う
2. 野良猫に不妊去勢手術を施し、元のテリトリーで一代限りの命をまっとうさせる。
3. 餌やりのルールを決め、糞尿の掃除を行い、衛生面の配慮をする。
4. 子猫が産まれなくなるだけでなく、発情期の鳴き声や喧嘩も激減する。
5. 産まれないことにより徐々に数が減っていき、
  数が減ることで被害や近隣トラブルも軽減される。
6. 不妊手術をすることで地域の猫の管理(把握)がしやすくなる。
7. 駆除や迫害などの排他的方法ではなく、
  動物と共存できる事を地域の子供達に学ばせる事ができる。
8. 地域の一人一人が結びつく事で防犯の効果も期待できる。

▷さらに詳しく(準備中)
町会長のための野良猫講座



e0316841_21354782.jpge0316841_21354883.jpg





2013.04.05-yo

[PR]
by nekohitokai | 2014-12-31 23:56 | 猫との共生
もしも気になる子がいたらぜひ保護して欲しいと思います。
ただし、軽い考えで行動したら自分も猫も困ってしまいます。
保護する前に以下のことをよくよく考えてみてください。


まず、本当に保護が必要なのか?

緊急でない場合は慌てずに聞き込みなどで調査して下さい。
その結果、あなたが保護しなくても済むかもしれない
思ってもいない事実がわかる場合があります。
例えば、ちゃんと餌場があって世話している人がいるとか
餌やりさんとボランティアさんがすでに保護や捕獲の予定を立てているとか
一度保護したけど、どうしても家猫困難な子だったために
リリースされた子だったりとか…。
また、どんなに汚い子でも飼い猫の可能性もあります。
飼い猫だと「保護」ではなく「拉致(窃盗)」になってしまいます。
可哀想と思って「保護」したつもりが単なる迷惑行為になったり
無意味な苦労にならないために事実確認はきちんと行ってください。


事実確認後は

事実確認して、やっぱり保護したほうが良さそうだと思ったら
手遅れにならないうちに行動しましょう。
ただ、途中で「やっぱり無理だった!」と投げ出して猫の気持ちを翻弄したり
他人に迷惑をかけない為にしっかり考えて保護してください。


保護が必要な場合

1離乳前の子猫や病気、事故で弱っている子、
 明らかに捨てられた子など、命に危険がある場合。ねこを拾ってしまったら
2安全な餌場や餌やりがない場合。
3虐待や事故が多いなど危険度の高い場所の場合。
4やたら人懐っこい子(人を警戒しないため虐待の犠牲になる可能性も高い)
5無責任な餌やりで猫が増えすぎて苦情や嫌がらせを受けている場合。
6あとは、どうしても気になる!気になって気になって眠れない!
 という運命の出会い(笑)


保護する際の注意

1当然、最後まで責任持って投げ出さない覚悟で。
 野良だった子を家に入れると出たがるかもしれません。
 夜昼問わず鳴くかもしれません。
 暴れたり攻撃したり、いくら愛情を持って接しても
 いつまでもシャー!と威嚇されるかもしれません。
 ほとんどの家族はあなたのしている事に良い顔はしません。
 先住猫ちゃんも怒ります。ヤキモチやショックで体調を崩すかもしれません。
 もちろんお金もたくさんかかります。里親さんも簡単には決まりません。
 あなた自身が、自由に外出したりゆっくりした時間を
 楽しむこともできなくなるかもしれません。
 それが野良猫を保護するという事です。 それでも最後までがんばれますか?

2保護場所の確保と準備 大抵の家庭では家族が反対します。
 だからといってもう保護できないと諦めないで頑張って説得して下さい。
 ちゃんとした結果が出せれば家族も認めてくれるようになるはずです。
 自分で保護できない人は一時預かりさんを探してください。

3必要な健康チェックと処置
 蚤取りと腸内寄生虫の駆虫は最低限必要です。
 (外に居る猫はネコノミと回虫、条虫をまず持っています)
 先住猫ちゃんがいる場合は、猫エイズ(FIV)と
 白血病(FeLV)の検査もしておきましょう。
 成猫なら成人病を患っているかもしれないので
 血液一般検査(生化学検査)もしたほうが良いでしょう。

4先住猫ちゃんがいる場合は必ず先住猫ちゃんにも
 ワクチン接種を済ませておきましょう。
 ワクチン接種後少なくとも3週間は隔離する事を考えておいて下さい。
 (ワクチンを接種してから約2-3週間で免疫ができてくる為。)

5保護直後の脱走にはくれぐれも注意してください!
 見知らぬ場所で脱走したら最悪の結果にもなり兼ねません。
 搬送時のキャリーは頑丈な物を使い、丁寧に扱いましょう。
 お家の窓やドアの開け閉めは十分注意して下さい。

6思いがけず高額な医療費がかかる場合もあります。
 その覚悟もしておきましょう。


里親探しや一時預かりについて

里親探しや一時預かりについては
里親詐欺の他、色々なトラブルがあります。
十分気をつけて託してください。
はじめての里親探し


保護しただけでは根本的な解決にはなりません。

不妊していないメス猫、去勢していないオス猫がいたら
また子猫が産まれるので、いくら保護しても追いつきません。
その場所がもし近所だったりよく通る場所だったら
思い切って不妊去勢(TNR活動)をして欲しいものです。
ただし、一人で黙々と手術しても、負担は増すばかりで、本当の解決にはなりません。
頑張って地域住民への働きかけ、呼びかけを行ってください。
ずっと気になっていた、という人は案外近くにいるかもしれませんから…!
猫との共生
[PR]
by nekohitokai | 2001-01-07 00:00 | 猫との共生
簡単に捕まるような猫は、逃げる事もできないくらい衰弱していることが多いです。
特に子猫の場合は一刻を争います。猫用ミルクを与えなければさらに衰弱し、冷えただけでも命に関わります。ひどい風邪や下痢を起こしていることも多いので、まずは獣医に見せることが肝心です。
最初の診断・応急手当てだけなら、よほどの重症でない限り1万円以上はかかりません。(一般的には3000円~5000円程度。レントゲンや血液検査の必要があれば少々高くなります)念のため1~3万円程度を用意して、すぐに近くの動物病院を検索しましょう。
夜間の場合は「夜間 動物病院」「救急 動物病院」などで検索してください。


【絶対にしてはいけないこと】

人間用の牛乳を与えないでください。
猫の多くは牛乳の成分を分解できずに下痢をして、子猫なら死んでしまうこともあります。

汚れていても、シャンプーや水洗いなどをしないでください。
衰弱が激しい場合、シャンプーは心臓に負担をかけ体温を下げます。
蚤取り駆除薬でも命を落とす場合があるので慎重に投与!
まずは獣医さんに行き指示に従ってください。


自己判断で市販の薬を使用しないでください。
ペット用の薬も人間の薬も、自己判断での使用は厳禁です。
必ず獣医さんの指示をもらってください。


先住猫がいる場合は接触させないでください。
病気や伝染性のウィルスを持っている場合があります。
特に先住猫がワクチンをしていない場合は、自宅に入れることも慎重にしたほうが無難です。
猫は病院などに預け、自宅に入る前には靴裏まで念入りに消毒しましょう。
先住猫がワクチン済なら、部屋を分けたりケージに入れる程度の隔離で十分です。


飼い主がいないか探してください
どんなに汚れた猫でも、飼い主がいる場合があります。
その場合、保護ではなく窃盗になってしまいます。
もし猫を保護したら、愛護センターや警察に届けが出ていないか確認してください。
また、近所に「保護しました」ポスターを貼り、最低2週間程度は様子を見てください。



【手乗りサイズの子猫の場合】

目が開いたばかりのような、手乗りサイズの小さな子猫を拾ったら
まず猫の体を温めてください


手近な段ボールなどの箱に、タオルやいらない服などを敷き
冬場なら使い捨てカイロを入れて、猫の体温が低下しないようにします。
使い捨てカイロは、布や古い靴下などでくるみ、低温やけどを防止してください。
・猫を入れた箱にはいくつか小さな穴をあけてください。完全密封すると窒息死してしまいます。
・ペット用品を買いに行ける場合は、段ボールのかわりにペット用のキャリーバッグを
 購入して使用したほうが安心です。(3000~4000円くらいです)

猫を温めながら、一刻も早く近くの動物病院へ連れて行きましょう
はじめてまたは久しぶりに猫が来た人へ







[PR]
by nekohitokai | 2001-01-06 00:00 | 猫との共生
はじめて保護猫の里親探しをする時は誰でも色々と不安です。
里親探しは落とし穴がいっぱい。

コミュニケーション不足から、譲渡後のトラブルも多いようです。

でもあまり疑心暗鬼になりすぎるのもいけないのです。
妥協しないという信念と誠意をもってしっかりとした交渉をしていれば
ちゃんと良いご縁が結ばれると思います。

怖いのは「里親詐欺」「自覚の無い不適切飼育者」
万が一の場合のトラブルを避けるため、命のやり取りを軽視されないために
誓約書は必ず交わしてください。


里親探しの方法

・ポスター:写真と猫の情報、連絡先を書いて
      ペットショップや動物病院に貼らせてもらう。
・インターネット:里親募集の掲示板を利用する。
・里親会:一般の参加が可能な里親会に参加させてもらう。


里親探しする際のチェックポイント

・家族全員の承諾があるか

 (家族に一人でも猫嫌いがいないか念のために確認が大事です)

・ペットが飼える環境か

 (住宅事情だけでなく、経済的、精神的に生き物が飼えるのかを確認してください)

・20年の寿命の間、ずっと変わらぬ愛情で育ててくれるか

 (結婚や出産、転勤、引越しなどのことを想定していない人も多いのです)

・お留守番の時間の長さ

 (働いている人は子猫は無理。成猫でも寂しがりだとお留守番のストレスで問題行動が出てきます)

・先住猫や過去の飼育動物の健康状態や死因。

 (伝染性の病気の有無・エイズや白血病、ワクチン等)



注意点

・保護猫ちゃんは最低限でもノミ取りとお腹の駆虫をしてあげましょう。
・生後1カ月くらいしたら母猫からの免疫が消えてきます。

 その頃になると外界の危険なウィルスに罹患しやすくなるので
 お見合いや里親会に参加する際は、気軽に人に触らせたり
 他の猫と接触させないように気をつけてください。
・里親さんへ手渡しではなく必ずおうちまでお届けして下さい。

 また、これ以上不幸な猫が増えないように
 里親さんへは必ず避妊手術をお願いしてください。
・できれば完全室内飼いしてくださるおうちに貰ってもらってください。
 
外に出したら事故や虐待、危険がいっぱいです。
・お届け直後の脱走は最悪の事態にもなりえます。

 お届け時は網戸の有無や玄関・窓・ベランダの確認と
 開け閉めを注意してもらうことを忘れずお願いしてください。



はじめて里親探しをされる方にとって 上記のようなことはずいぶん細かいと感じるかもしれません。
このような事を書くのは、里親詐欺(主に虐待目的)以外にも、浅はかな考えで猫を欲しがる人が
とても多いからです。 ▷不適切里親からの取り戻し事例 ▷里親詐欺よりも怖いもの
ただ可愛いからといって猫を貰い受け、避妊手術もせずに自家繁殖の結果多頭崩壊を招いたり
手に負えなくなったからといって保健所に持ち込む人間が後を絶たないのが現状なのです。

命のやり取りは決して安易なものであってはなりません。
里親探しをしっかり行うことは
動物愛護にさほど関心の無かった人たちにもきちんと考えていただくことにつながります。
猫の習性を理解し正しい飼育をしうるように努め、脱走をさせない努力と、脱走させたら全力で探す
病気になったら介護し最期を看取ってくれる。そして、あなたが苦労して育てたことを理解してくれ
喜んで近況報告をしてくれる愛情深い里親さんが必ず見つかります。
「この子を幸せにしたい」と思って保護した時の気持ちを忘れないよう
がんばって猫ちゃんを幸せにしてあげてください。心からお願いいたします。


[PR]
by nekohitokai | 2001-01-06 00:00 | 猫との共生
トップページへ戻る | Copyright © NEKOHITOKAI All Rights Reserved.

最新の記事

ニュース & トピックス
at 2014-12-31 23:59
ねこひと会とは
at 2014-12-31 23:58
メンバー紹介
at 2014-12-31 23:57
猫との共生
at 2014-12-31 23:56
活動報告
at 2014-12-31 23:54













その他のジャンル